商品詳細

Swayスプリングクッション【カラダ、動かすクッション】

springcushion-001

Swayスプリングクッション

商品コード springcushion-001

Sサイズ w18cmxd20cmxh14cm「足用」
Mサイズ w35cmxd20cmxh14cm「体重制限70キロまで」
Lサイズ w42cmxd42cmxh14cm「体重制限80キロまで」

【素材】

・内蔵スプリング…ボンネルバネ (ボンネルスプリングは保護フェルトあり)
カバー…張地:ポリエステル100%(キルト有)/ 中綿:ポリエステル100% / インナー:ポリエステル100%合織フェルト・多種繊維の合成品
※カバーはご家庭でのお洗濯が可能です。
ファスナー付き
国産(日本製)

クッション カラー
クッション サイズ
在庫状態 : 在庫有り
¥6,800(税別)
数量

この商品について問い合わせる

配送・送料について

サイズは3種類からお選び頂けます

【デスクワーク時】
足元にSwayを置いて脚をバウンド
貧乏ゆすりをするイメージで動かすと脚のむくみが取れ血流の流れもよくなります。
体だけでなく脳にも刺激を与えのうからセレトニンが分泌されストレス解消にもなります。

【リビングで過ごす時】
椅子 ソファーにSwayを置きその上に座って体ごとバウンドします。
上下・左右・腰を中心にとバウンドすることでなかなか運動できない人も気軽に運動ができ腰 お腹周り 足などに刺激を与えます。
頑張って外で運動しなくてもテレビを見ながらくつろいでる時にお手軽運動ができます。

【子育てママさんに】
SwayLを床 ソファーなど安定した場所に置きその上にア母ちゃんを抱っこして座ります。
床の時はあぐらをかいて。
毎日大変な赤ちゃんの寝かしつけもママがSwayで揺れると赤ちゃんもぐっすり☆
Swayはバランスボールのように場所には取らずインテリアの一部としても活躍します

ベッドに使われているのと同じ本格仕様のスプリングを使用。だから弾力が違います。

ポケットコイルバネ(M・Sサイズに使用)

スプリング一つ一つを袋に包んだポケットコイルバネ。バネが独自性を保ち、点で体重を支える感覚です。
それぞれのスプリングに体重をかけることで体の形状に合ったバウンドが可能。細かく上下・左右・腰回し・足元を動かす動作に適しています。

 

ボンネルバネ(Lサイズに使用)

スプリングが連結されているボンネルバネ。スプリング全体が連動して動くので、体重を面で支える感覚です。安定感があるので体全体でバウンドする動作に適しています。

 

バネ入りクッションSWAYを使って「動かない生活」からの脱出を!!遊び感覚の「ポンポン、ユラユラ」運動が楽しく元気を作ります!

【こんな方にもおすすめ!!】
●室内でじっとしていることが多い
●何か運動を始めなければ、とはいつも思う
●ジョギングやウォーキングはハードルが高い
●苦しい、厳しいトレーニングはいやだ
●ランニングコストがかかるのはちょっと・・・
●ながらでもできる簡単な運動が良い
●ストレスの多い毎日だ
●足腰に衰えを感じる
●足や腰が痛くて散歩すらつらい
●健康長寿でいたい
●サプリメントには頼りたくない
●大きな健康器具は邪魔
●骨粗鬆症が心配

様々な使用方法のご紹介

様々な製品との比較

足元にSwayを置いて脚をバウンド
貧乏ゆすりをするイメージで動かすと脚のむくみが取れ血流の流れもよくなります。
体だけでなく脳にも刺激を与えのうからセレトニンが分泌されストレス解消にもなります。

注意事項・お願い

足元専用です。上に座ってのご使用はできません。
足・腰に疾患のある方は使用しないでください。
座る位置はご自分で調整して安定する場所にお座りください。
最初は短い時間からお試しください。
Swayの上で立ったりジャンプしてのご使用は危険です。また破損の原因にもなります。
内蔵スプリングは長期間のご使用により、劣化することがあります。その際は買い替えをおすすめします。
同様に、カバーも長期間のご使用により、擦れたり中のバネが飛び出す恐れがありますので、買い替えや予備のご購入をおすすめします。
お洗濯はカバーのみ可能です。Swayの中のバネごと洗わないでください。
長時間重い物を乗せないでください。
Swayを投げたり強く落としたりしないでください。
ストーブなど高温になる物のそばに置かないでください。
直射日光のあたる場所に長時間置かないでください。
それぞれ個人差はありますのでご自身の気持ちのいい体勢でご使用さい。
ご自身の体調に合わせて無理なくご使用ください。

ご使用中Swayに問題が生じた場合は、ただちにご使用をやめて当店までご相談ください。
TEL:0120-960-229(フリーダイヤル)

ページトップへ